産後に体重を戻すには?ウォーキングとラジオ体操が効果あり

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ラジオ体操と散歩のアイキャッチ画像 育児

こんにちは、まりももです。

まりももは第2子を出産後、約半年で体重が元の体重に戻りました。

産後半年で体重を戻しましょうと言われているようなので、体重についてはゴールに到達した感じです。

最初の2か月は、回復を優先させるため、特に何もやっておらず、身体はお休み状態でした。2か月経った頃から、さぁ何か意識的にしないと絶対に戻らないなぁと思い、何をしようか考え始めました。

とはいえ、日々のルーティンにできるようなものじゃないと無理です。特別なことは続かないですから。

ウォーキング

ちょうど、長女が小学生になり、朝の登校についてきてほしがったので、朝の散歩を兼ねてベビーカーを押して学校まで送ることにしました。片道20分、往復するので40分ほど毎日歩いています。

娘が送り不要と言わない限り、続けることになるので、完全ルーティンになっています。

毎日の送りだけでも、結構体重は落ちていきました。ありきたりですが、歩くことが、いかに効果が大きいかよくわかりました。

ラジオ体操

もう一つ、習慣として加えたものがあります。

たまたま、テレビをつけたときにNHKでやっていたテレビ体操です。

毎日決まった時間にやってくれるので、テレビのタイマーを使ってAM6:25のテレビ体操が始まったらテレビが付くように設定しています。

ラジオ体操と言えば、中学の体育で強制的にさせられて、しかも点数を付けられて体育の成績に影響したという、あまりいい記憶は残っていなかったのですが、久しぶりにやってみると、数分間でちょうどよいではないですか。

数分間とはいえ、真面目にやると、身体がじわっと暖かくなります。

ラジオ体操のほかにも、みんなの体操という身体をほぐすようなストレッチを一緒にやってくれて、その内容も毎日違うので飽きない。

中学の体育でやったのはラジオ体操第一だけでしたが、テレビ体操では第二もします。

ラジオ体操第二も何回かやっていたら覚えてしまいました。

曜日によって、テレビ体操では、ラジオ体操の第一と第二の両方をすることがあります。

両方真面目に体操すると、結構いい運動をしたなと感じます。

テレビ体操をルーティンにしてから、身体がいい具合にのびるのか、朝の散歩の際も、身体が軽く感じます。

たるみが課題

実は、体重はいいペースで戻っていったのですが、お腹のたるみがなかなか戻りませんでした。

みんなの体操で色々なストレッチもやってくれると記載しましたが、特にストレッチでは呼吸を大事にしているなと感じます。

ストレッチの中で、息を吸った後に、息をはきだしながらお腹を大きくへこませるのを繰り返すというのがあったのですが、これがすごく効果的だと感じています。

このストレッチ、調べてみるとドローインと呼ばれるものと同じようで、自分の呼吸で腹筋を鍛えるというトレーニング法のようです。

これを続けているとお腹がスッキリしてきたように感じています。

まとめ

というわけで、まりももは、朝のテレビ体操→朝のウォーキングを続けています。

やっぱり何でも続けられることじゃないと意味がないと思います。

1週間でお腹周りをスッキリさせますというようなエクササイズもありますが、きつすぎて体を痛めたりするし、結局やらなくなってしまいました。

日々のルーティンにしてしまうのが大切です。

ラジオ体操で体全体のストレッチができ、散歩で足を中心に動かすというこの組み合わせが最も効果的だと感じています。

体重は元に戻りましたが、ウォーキングとラジオ体操を習慣にしてから、身体の調子が良いので今後も続けて行こうと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓おススメ

産前・産後で大きく変化する体に対応できてすごく便利でした。

タイトルとURLをコピーしました